テーマ:抗体検査

今ニューヨークは検査天国かな 3 新冷戦(76)

今ニューヨークは検査天国かな 3          新冷戦(76)1、2からの続きです 2つの無料検査は検体の採取で終了します。これは医師の担当となっているようです。医療行為となるのでしょう。PCR検査の検体は医師が鼻の奥に綿棒を入れて採取、痛みもなくあっという間に終わり、抗体検査は腕の血管から採血をしたということです。どういうキット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今ニューヨークは検査天国かな 2 新冷戦(75)

今ニューヨークは検査天国かな 2          新冷戦(75)1からの続きです ニューヨーク州で1日に4万件の検査ができる体制を整えて、クオモ知事もデブラシオ市長もあの手この手で抗体検査、PCR検査を市民に呼び掛けているということです。州政府、市政府としては感染者を早く見つけて自宅待機や隔離、治療をして重症になるのを防ぎ、命を救い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今ニューヨークは検査天国かな 1 新冷戦(74)

今ニューヨークは検査天国かな 1                       新冷戦(74)東京での抗体検査の様子を記述した記事を前々ページ、新冷戦(72)の「政府も人も抗体検査で不安を解消」でお伝えしましたが、ニューヨークの抗体検査の様子が記述された記事がありました。ニューヨーク市はニューヨーク州の中にあり州知事、市長とも抗体検査に積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府も人も抗体検査で不安を解消 新冷戦(72)

政府も人も抗体検査で不安を解消          新冷戦(72)始めの報道記事は抗体検査キットのお話です。先日、イギリス政府はスイスの大手製薬会社ロシュの抗体検査キットはいたく信頼できるということでした。このブログでは、新冷戦(67) 「この抗体検査なら政府ごと嵌りそう」でお知らせしました。今回のニュースはその続きになりますが、イギリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この抗体検査なら政府ごと嵌りそう 新冷戦(67)

この抗体検査なら政府ごと嵌りそう          新冷戦(67)イギリス政府がべた褒めの抗体検査が登場しました。褒められているのはスイスの大手製薬会社ロシュ社です。イギリスのイングランド公衆衛生サービスがロシュ社の抗体検査を確認したら100%正確だったということです。陽性陰性の当たり外れがなかったのでしょう。そこでイギリス政府は大量の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色々な役割を果たしそう抗体検査 新冷戦(62)

色々な役割を果たしそう抗体検査          新冷戦(62)今回は関心が高まっている新型コロナの抗体検査を東京と神戸で実施したお話です。東京のあるクリニックでは、発熱してから2週間以上たっているなどの111人を抗体検査キットで検査して9人が陽性だったということです。陽性の割合は8%というとです。今も約200人が順番待ちだそうです。ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗体検査キットはあと一歩かな 新冷戦(60)

抗体検査キットはあと一歩かな         新冷戦(60)今回の記事は抗体について大変詳しい内容です。ノーベル生理学・医学賞を1987年に受賞した利根川進氏の功績が抗体を作り出す仕組みを明らかにしたことだそうです。抗体は病原体の抗原を認識して作られるようですが、抗体は免疫性があるものもあれば、ないものもあるということです。新型コロナウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗体検査は経済活動の再開のため 新冷戦(58)

抗体検査は経済活動の再開のため         新冷戦(58) 抗体検査というニュースが出てきました。抗体とは体に入ってきた不要な異物を食べたり体外に排出するものです。よく知られているのが白血球です。ほかにも名前を覚えにくい物質がいくつかあります。記憶力に自信がある人にお任せします。ウイルスが体内に侵入してきたとき発熱するのも抗体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more