アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
流れては消える情報を泳ぐ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
インドネシア 開票作業で死者100人以上 巨大選挙を覗く(3)
インドネシア 開票作業で死者100人以上 巨大選挙を覗く(3) インドネシア 開票作業で死者100人以上      巨大選挙を覗く(3)  インドネシアの選挙管理委員会は、開票作業をした人が疲労し、死亡した人も出たということです。死亡した人は119人、病気になった人は415人ということです。投票の種類が全部で5種類、国政選挙が大統領選挙と国会議員を選ぶ総選挙、地方議員を選ぶ地方選挙の投票と全部で5種類の選挙が同時に行われたということです。選挙の経費節減が目的だったようですが、多数の死者が出るということは大変なことですね。選挙というミスが許されない、日常にはな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/25 19:20
アジア二大国の巨大選挙を覗く(2)
アジア二大国の巨大選挙を覗く(2) アジア二大国の巨大選挙を覗く(2)  インドインドの選挙は有権者が9億人ということです。この数は勿論、世界最大の有権者数です。インドの国会は上院と下院のある2院政です。上院の議員は州議会の議員が投票して選ぶということです。上院の任期は6年、上院の定数は245議席ということです。今回の選挙は下院議員の543議席を小選挙区制で選挙するということです。インド全土では7回に分けて投票するということです。最初の地区では4月11日に投票され、次の地区は4月18日に投票されます。最後の7回目の投票は5月19日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/23 18:07
アジア2大国の巨大選挙を覗く(1)
アジア2大国の巨大選挙を覗く(1) アジア2大国の巨大選挙を覗く(1)インドとインドネシアで選挙が行われています。選挙なので、どちらが勝ったら日本への影響はこうだろう、ああだろうということになりそうなのですが、そう単純にはいきません。何と言っても人口が多く、独立時の政治的混迷や権力争い、三権分立の確立や法整備の試行錯誤もあったことでしょう。この人口で政権の移行がすんなりいくのかなという心配もあります。とにかく話題が豊富です。インドネシアインドネシアの今回の選挙は大統領を直接選ぶ大統領選挙と、国会議員を選ぶ総選挙の2つの投票がありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/20 16:58
ダライ・ラマ14世83歳をインタビュー
ダライ・ラマ14世83歳をインタビュー ダライ・ラマ14世83歳をインタビューダライ・ラマ14世をインタビューした記事がありました。以下の報道記事からですが、法王は輪廻転生するというチベット仏教独特の方法は、チベット人の多数が望むならそれでいいという考え方のようです。中国政府は非常に強い関心を持っているという発言もあり、亡命政権が次のダライ・ラマ15世を輪廻転生で決定したら、中国政府も中国側でダライ・ラマ15世を選び、チベットとその周辺の600万人のチベット人に押付けるだろうと予測しています。少し付け加えるなら、中国政府は言いなりにな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/25 09:57
ドイツもファーウェイを排除しそう
ドイツもファーウェイを排除しそう ドイツもファーウェイを排除しそう今回はファーウェイに関するニュースなのですが、まずはアメリカと中国の貿易戦争の休戦状態をお知らせします。この休戦は延長されています。なぜ休戦状態が延長されているかというと、2つの点が有ります。アメリカが満足していないところは知的財産権の問題が解決していない点です。中国政府は知的財産権の侵害を取締る気はないようです。もう一つは大豆のように農産物を中国が大量に輸入して貿易黒字を少なくする努力をしている点です。これで延長され、習近平国家主席はアメリカへ行くのは4月になる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/19 10:44
地球的損失もありそうなチベット動乱
地球的損失もありそうなチベット動乱 地球的損失もありそうなチベット動乱  今年の3月でチベット動乱60周年ということです。チベット動乱とは、1959年3月に中国軍の陰謀策略とそれを見抜いたチベット人がラサで衝突し、ダライ・ラマ14世の身が危険となって、夜陰のラサを脱出してインドへ亡命したことです。報道記事にあるように、3月1日にラサに駐留する中国軍がダライ・ラマ14世へ観劇の招待を出したのですが、チベット人は中国軍を信用できず、ダライ・ラマ14世を守るために何万という市民がノルブリンカ宮殿を取巻いたということです。3月17日には... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/16 11:25
自然保護最先端を行くボツワナのゾウさんが危なそう
自然保護最先端を行くボツワナのゾウさんが危なそう 自然保護最先端を行くボツワナのゾウさんが危なそう  今回の報道記事は前ページに一部を掲載しましたボツワナのお話です。このゾウさんの記事は2018年9月に配信されたものです。ボツワナはゾウさんにとっては安全な土地といわれ、周辺の国から密猟の危険を察知したゾウが逃げ込んでいることから「ゾウの聖域」とさえ言われる国です。アフリカ大陸の南部に広がるカラハリ砂漠の中にボツワナはあり、砂漠が広がる国と思われるのですが、はるか何百kmも北西のアンゴラ高原から流れ出るオカバンゴ川が7月から9月にかけてボツワナ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/11 10:05
香港で大量の象牙などが摘発される
香港で大量の象牙などが摘発される 香港で大量の象牙などが摘発される以下のニュースは象牙とセンザンコウのウロコが香港の港で摘発されたということです。象牙は2トン以上、センザンコウのウロコは8トン以上あったそうです。この記事の配信は3月1日です。前ページの続きのような象牙のニュースです。中国の象牙に関する経過は、2015年9月に当時のオバマ大統領と習近平国家主席が共同で象牙取引を禁止することを北京で発表しました。中国内へは13億人への演出だったのではないでしょうか。アメリカやその他の国々へは南シナ海の領有化を隠す目的があったかもしれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/08 09:27
象牙の女王が密輸で禁固刑 タンザニア
象牙の女王が密輸で禁固刑 タンザニア 象牙の女王が密輸で禁固刑 タンザニア 「象牙の女王」の裁判のニュースがありました。2015年にアフリカのタンザニアで象牙の密輸で逮捕された中国人女性です。判決は禁固15年です。厳しいですね。この報道記事は2月20日配信のものです。2つ目の記事は2015年に逮捕されたときのものです。このブログの中から当時のページを持ってきました。混乱しないようにお願いします。この女王様がタンザニアへやってきたのは鉄道建設の現場の通訳が目的だったようです。1975年にタンザニアへ到着したようです。スワヒリ語を流暢... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/01 23:14
天山山脈の向こうにある日本語学級
天山山脈の向こうにある日本語学級 天山山脈の向こうにある日本語学級貿易戦争を休戦して行われていた通商協議は北京からワシントンへ場所を変えて続くようです。一応の期限3月1日は間近になってきました。そういった状況なのですが、大国の貿易戦争に何の関係もない小さなニュースを見つけました。ウズベキスタンの田舎町に無料の日本語学校があるということです。その名前が「NORIKO学級」と可愛らしいのです。ウズベキスタンの場所はキルギスの西になるのですが、西方には水位が減少して問題になっているアラル海があります。東の地域は天山山脈の西部地域になり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/26 23:07
台湾の独自性が見直され始めたよう
台湾の独自性が見直され始めたよう 台湾の独自性が見直され始めたよう2018年は少しづつではありますが、台湾を巡っての国際世論が変化しました。以下の記事にありますが、アメリカが「台湾旅行法」を制定したことが影響していると思われます。中国、北京政府の発言や行動があまりにも独りよがりなので、警戒心が大きく広がり、2019年はさらに加速しそうです。アメリカが仕掛けた貿易戦争の影響が大きいこともあって、各国が貿易について交渉をするようにもなりました。台湾の現在の蔡英文政権は外交で北京政府に様々な妨害を受け、国交のある国を減らしました。北京... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/23 12:27
あの国の機関はトロイの木馬がヨダレもの
あの国の機関はトロイの木馬がヨダレもの あの国の機関はトロイの木馬がヨダレもの 今回の報道記事は元CIA工作員という人が書いたニューズウイークの記事です。記事のタイトルが少々刺激的です。しかし、内容はわかりやすく今までの経過から記述されています。ファーウェイの問題をアメリカが貿易上の犠牲を払っても解決しないと、アメリカの国益が損なわれるという構造で書かれています。ファーウェイの問題は、中国の情報機関がマルウエアー「トロイの木馬」を仕込んでくるという疑念だということです。中国の情報機関が利用することから、通信機器はファーウェイだけでな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/21 09:42
「新冷戦」であの「中国化」が防げるか?
「新冷戦」であの「中国化」が防げるか? 「新冷戦」であの「中国化」が防げるか?2月2日に掲載したFBIのクリストファー・レイ長官の記事は、アメリカ全土で中国が関係したと見られる経済スパイが行われている、それはアメリカにとって「脅威」だというものでした。今回は中国の企業ファーウェイが23の罪状で2ヶ所の裁判所へ起訴され、長官がファーウェイを強く批判したといことです。ファーウェイはアメリカ企業や金融機関を悪用したと述べたということです。商務省のウィルバー・ロス長官も「中国企業は何年も前から、アメリカの輸出法や、制裁に違反し、自分たちの違法... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/19 11:06
こんまりを独占取材していろいろ聞いてみた(2)
こんまりを独占取材していろいろ聞いてみた(2) こんまりを独占取材していろいろ聞いてみた(2) 1からの続きですこんまりさんがアメリカのどこに住んでいるかというと、2016年に日本からロスアンゼルスへ引越したそうです。そして、ロスアンゼルスを拠点にして活動しているということです。生活上、日本と勝手が違う点もいくらかあるようですが、仕事と育児を楽しんでいるということです。本の片付けについて色んな意見、見解が出たことがあるということです。読んだ本は他人が中身まで知らないと思われ、廃棄するか残すかに他人に関わってほしくないと思うのがまあ普通でしょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/15 19:26
こんまりを独占取材していろいろ聞いてみた
こんまりを独占取材していろいろ聞いてみた こんまりを独占取材していろいろ聞いてみた アメリカで活躍しているこんまりさんを取材した記事がありました。取材したジャーナリストは日本人なのですが、アメリカのニュースや情報を日本へ紹介している人のようです。お名前は安倍かすみさん。ニューヨークに住み着いていて、英語が得意そう。こんまりさんはアメリカの家庭で片づけをしているうちに、その家庭の人が自分の人生が変わっていることに気づくということです。短時間と思われるのですが、そこに「こんまり流片付け」の真理があるようです。「片づけが人生を変えていく」こ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/12 19:22
アメリカで片付け「こんまり」が大ブレイク
アメリカで片付け「こんまり」が大ブレイク アメリカで片付け「こんまり」が大ブレイク片付けの名人「こんまり」さんがアメリカで大ブレイクしているということです。このところこのブログでページが続いている「貿易戦争」の分野とは関係ない分野です。最初の報道記事はこんまり流の片づけをした家族が感想を述べています。アメリカ流の表現ですが、すっきりした感じです。「人生がときめく、誰かが片付けをしてくれる魔法」、これなんかは秀作ですね。以下を読んでみてください。2つ目の記事はアメリカで活躍する「こんまり」さんの状況を少し詳しく解説しています。こんまりさん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/08 20:06
通商協議は大豆がコロコロで続きは北京へ
通商協議は大豆がコロコロで続きは北京へ 通商協議は大豆がコロコロで続きは北京へ1月30日、31日のアメリカと中国の通商協議が終わり、ホワイトハウスは「進展はあったが多くの課題が残っている」と発表したということです。2月中にアメリカ側が中国を訪問し、会談を進めるようです。3月1日が期限ということなので、期限近くになって、トランプ大統領と習近平国家主席との首脳会談で決着がつくことになるのでしょう。ホワイトハウスが言う「進展はあったが」は中国が大豆購入を決めたことを中心にしてでしょう。中国は12月に大豆を推定500万トンを輸入し、今回100... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/05 09:32
あのFBIも「脅威」と震え上ったみたい
あのFBIも「脅威」と震え上ったみたい あのFBIも「脅威」と震え上ったみたい以下の記事はアメリカのFBIに関するニュースです。FBIは Federal  Bureau of Investigationの略です。Investigationは調査、捜査、取調べ、研究といった意味があります。日本語では「アメリカ連邦捜査局」と呼ばれます。司法省の管轄になり、犯罪を取り締まる、泣く子も黙る役所です。そこのクリストファー・レイ長官がアメリカ議会上院の公聴会で、FBIのすべての地方事務所で中国人の経済スパイを捜査していると証言したということです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/02 09:14
アメリカはとうとう起訴しました
アメリカはとうとう起訴しました アメリカはとうとう起訴しました アメリカでファーウェイ(華為技術)の関係が起訴されました。副会長の孟晩舟氏はニューヨークの連邦大陪審が起訴したということです。ワシントン州シアトルの連邦大陪審はファーウェイの関連会社2社を起訴したということです。どちらも1月28日に起訴されたようです。孟晩舟(もう・ばんしゅう)氏はアメリカ政府がイランに実施している制裁に違反して、関連会社の「スカイコム」を通じてイランと取引し、それをアメリカの金融機関へは2007年ころから虚偽の説明したと、詐欺行為の疑いを持たれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/31 20:57
「一帯一路」、結果は「新植民地」みたい
「一帯一路」、結果は「新植民地」みたい 「一帯一路」、結果は「新植民地」みたい このニュースは貿易戦争の分野でなく「一帯一路」分野のとなるでしょう。キルギスで反中国デモが頻発しているということです。キルギスの位置は中国とは天山山脈を境にして接している国です。中国からすると天山山脈の裏側になります。言葉はキルギス語ですが、これはテュルク諸語の一つです。中央アジアでは広い範囲でテュルク諸語が使われています。12月から繰返し反中国のデモが行われて反中国の感情が高まっているということです。その感情の中に女を奪われているというのもあるようです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/31 00:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

流れては消える情報を泳ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる