流れては消える情報を泳ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 外部勢力はやっぱり口うるさかった

<<   作成日時 : 2017/08/14 19:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

外部勢力はやっぱり口うるさかった




ASEAN外相会議の骨抜きになった声明
文に対して、アメリカ・日本・オーストラ
リアの外相は中国の人工島に危機を感じて、
中国を非難する共同声明を発表しました。
仲裁裁判所の判決を合理的とすれば中国の
九段線は無効ということになり、人工島の
拠点化、軍事化は認められないことになり
ます。


中国の言い分は、当事者国と話し合って問
題を解決するということです。当事者国の
個々の事情を見て経済協力が有効であると
ほとんどが中国ペースになります。だから
中国は外部勢力は拒否しようとASEAN
内で呼びかけたのです。拒否しようといわ
れた外部勢力の3つの国はやはり口うるさ
く声明文を出してしまいました。


現在、北京界隈で盛んに「習近平思想」と
いう言葉が見られるということなのです。
毛沢東思想という語と同じように思われ、
毛沢東に並ぶような地位を確保したいとい
うことなのか、そういう地位になって欲し
いという側近が増えたのか、現実はまだ不
明なところもあります。


一般に神格化と言われるものと思われるの
ですが、周辺の民族にどういう影響が発生
するかなどは少々不安でもあります。心配
をさらに膨らませると、「習近平思想によ
って南シナ海は漢の時代から中国の領土で
あったことが証明された」といった発言が
出てきそうな心配もあります。


2番目の記事は北朝鮮の外相にも触れていま
す。名前は李容浩(リヨンホ)外相だそう
です。ASEANとしてはまずは対話が重
要という姿勢だそうです。北朝鮮包囲網は
一致して強まったようです。北朝鮮政府が
グアム攻撃の計画を作るといっても信用で
きるものではなし、嘘をつくなとも言えな
いし、対話が重要ということで、北朝鮮は
とりあえずASEANに顔を出すことがで
きるようです。


ASEANの首脳会議は11月だそうです。
何も予測つきませんね。妨害ハッカーが密
着妨害してきて困ります。北朝鮮タイプの
ハッカーかもしれません。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

米・豪・日外相、中国の人工島造成を改めて非難 南シナ海問題

AFP=時事 8/7(月) 19:28配信


【AFP=時事】東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の共同声明で、南シナ海(South China Sea)での紛争防止に向けた行動規範に法的拘束力を持たせるとの文言が入らなかったことを受け、米国・オーストラリア・日本の3か国の外相は共同声明を発表し、改めて中国による同海での人工島の造成、および軍事拠点化を非難した。

【関連写真】米軍爆撃機、南シナ海上空を飛行 空自と共同訓練後

 5日に開かれたASEAN外相会議では、ベトナムが南シナ海問題の行動規範には法的拘束力があると主張すべきだと強く要求したが、最終的にASEAN側は交渉で中国政府の条件に同意。南シナ海での領有権主張をめぐる外交戦で、中国が成功を収めた形となった。

 しかし、外相会議に合わせて行われた米・豪・日外相の会談後、3か国は共同声明を発表。中国政府を極めて厳しい口調で非難した。

 3か国は中国が南シナ海で進めている「島の造成、前哨基地の建設、係争地の軍事拠点化」を批判するとともに、あらゆる行動規範が「法的拘束力、意味、そして効果を持つ」ものでなければならないと主張した。

 さらに3か国は中国とフィリピンに対し、昨年7月にオランダ・ハーグ(Hague)の仲裁裁判所が、南シナ海で中国が主張する「歴史的権利」に法的根拠はないと判断した裁定を順守するよう求めた。【翻訳編集】 AFPBB News

米・豪・日外相、中国の人工島造成を改めて非難 南シナ海問題

AFP=時事 8/7(月) 19:28


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<ASEAN外相会議>南シナ海、中国へ危機感

毎日新聞 8/8(火) 21:03配信

 ◇北朝鮮包囲網は強化

 【マニラ福岡静哉、西脇真一】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の一連の外相会議は8日、ASEAN結成50周年の記念行事を執り行い、閉幕した。会議では、中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題と北朝鮮問題に関心が集中した。南シナ海問題では、紛争解消に向けた「行動規範(COC)」の枠組み草案が、中国との間で正式に合意されたが、法的拘束力を含んでいないため実効性に疑問符がつく内容。ASEAN側には中国ペースで協議が進むことに危機感も出ている。一方、北朝鮮問題ではASEANが国際的な対北包囲網への参画を明確にした形となった。

 南シナ海問題のCOCについては、11月のASEAN首脳会議以降、本案作成に向けた本格協議が始まる。実効性が担保されない中、中国が同海での実効支配を進める可能性もある。

 「直接の当事者同士の対話によって解決する軌道に戻すことができた」。中国の王毅外相は7日、こう成果を強調した。同日午前、日米豪がCOCに法的拘束力を持たせるよう要求したことに「南シナ海が安定に向かっていると認めたくないのか」とけん制。中国はASEANとの協調を演出することで、米国や日本などの批判をかわす構えだ。

 ただ、7日の東アジアサミット(EAS、18カ国)外相会議では、多くの国が法的拘束力を求めた。フィリピンは昨年以降、南シナ海問題を棚上げして中国から巨額の経済支援を引き出しているが、その当事者で議長国であるフィリピンのカエタノ外相も会見で「法的拘束力は持たせるべきだ」と述べた。

 ASEAN内でも危機感が募っていることの表れと言える。王氏は会見で法的拘束力について「ASEAN内でも意見が一致していない」と述べるにとどめるなど、神経をとがらせている。

 一方、朝鮮半島情勢については、ASEAN外相会議が「重大な懸念」を示す特別な声明を発表。国連以外で北朝鮮が参加する唯一の多国間協議ASEAN地域フォーラム(ARF)閣僚会議でも北朝鮮に自制を求める国も多く、北朝鮮包囲網の強化を印象づけた。

 カエタノ比外相は7日、北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相と会談し、ASEAN側の懸念を伝えた。

 比外務省によると、カエタノ氏は「外相会議の声明は、友情が失われたことを示すものではなく、事態打開に向けた対話の糸口が見えないことへの不満だ」と説明。李外相はASEANの立場に理解を示したとしている。

 米国は、北朝鮮のARFへの参加停止を模索する。ただ、対話が重要だとのASEAN側の姿勢は今のところ一貫しており、比外務省報道官は、米国の要求には否定的な見方を示した。

<ASEAN外相会議>南シナ海、中国へ危機感

毎日新聞 8/8(火) 21:03

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



よかったら覗いてみて

f:id:okentac:20161104001155j:plain

 

 

終りまでお読み頂き、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています) 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【プラセンタ100】1ヶ月分(100粒)とくとくコース

ショップ名:銀座ステファニー化粧品株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外部勢力はやっぱり口うるさかった 流れては消える情報を泳ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる