アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
流れては消える情報を泳ぐ
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「一帯一路」の本音を見抜いたみたいEU諸国
「一帯一路」の本音を見抜いたみたいEU諸国 「一帯一路」の本音を見抜いたみたいEU諸国 中国の一帯一路のプロジェクトがEU諸国で警戒され、拒否されているようです。EU加盟国の27カ国の駐中国大使が結束して中国の一帯一路の計画に反対したということです。理由はプロジェクトの実行が中国を中心とした方法であり、多額の債務が発生することも警戒されているようです。この27カ国の中国に駐在している大使の方々は、「一帯一路」とは、「領土、領海、主権を奪うための新たな利権構造」、「大金を貸しつけ、質の悪いインフラ整備をする」。「借金が返済できなければ、島... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 09:49
参加国が増える上海協力機構なのだが
参加国が増える上海協力機構なのだが 参加国が増える上海協力機構なのだが6月9日に中国では山東省の青島で上海協力機構(SCO)首脳会議が開催されました。参加国は中国、ロシア、インド、パキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタンの8カ国と、オブサーバー国としてアフガニスタン、ベラルーシ、イラン、モンゴルの4カ国でした。以下の報道記事ではカナダで開かれているG7に対抗して、周辺国への影響力を拡大する目的があると分析しています。上海協力機構に加盟する8カ国の総人口は30億人を超えるということで、人口ではG7は太刀打ちで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/17 09:47
アメリカと中国が真っ向対立 アジア安全保障会議
アメリカと中国が真っ向対立 アジア安全保障会議 アメリカと中国が真っ向対立 アジア安全保障会議 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 09:54
マレーシアの第一歩は歳出削減の英断みたい2
マレーシアの第一歩は歳出削減の英断みたい2 マレーシアの第一歩は歳出削減の英断みたい2このページは前ページの続きとなっています。マレーシアの鉄道計画について、前ページでは国際的な動きが記述され、今回は中国について記述されています。中国はすでにマレーシアの発電所を入手しているようです。発電所を他国に渡すことは普通では考えられないことですね。法律違反になるようなので、不正があったのかどうかの問題が出てきそうです。以下の記事では中国の狙いを暴露して、その戦略が「債務のわな」と見ています。マレーシアは地図を見るだけでも非常に重要な位置にある事がわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 01:38
マレーシアの第一歩は歳出削減の英断みたい
マレーシアの第一歩は歳出削減の英断みたい マレーシアの第一歩は歳出削減の英断みたい マレーシアの鉄道計画について国際的な影響を記述したニュースがありました。まずシンガポール政府ですがマハティール決断にショックを受けているようです。高速鉄道の計画に期待していたようです。シンガポールの首相のリー・シェンロン氏はリ・クアンユー元首相の息子ということで、メディアの記者はあれやこれやと憶測が出てきそうです。インドのモディ首相はインドネシアを訪問した後、マレーシアを訪問し、マハティール氏の選挙勝利のお祝いをしたそうです。うまいタイミングですね。中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 22:13
前政権の膿を出してもなお厳しそうマレーシア
前政権の膿を出してもなお厳しそうマレーシア マレーシア前政権の膿を出してもなお厳しそうマレーシアの選挙ではマハティール氏が勝利して首相に就任し、前政権のナジブ氏の政策の見直しを始めました。その中でもナジブ氏が設立したマレーシア政府の投資会社「1MDB」の実態解明が注目されています。以下の記事では1MDBは支払い不能に陥っているということです。一般的に理解するなら、1MDBというお金を入れる箱を作ったのですが、入ってきたお金はどこかへ流れていったという感じです。そして、入ってきたお金の利子も払えなくなっているのが現状です。これを解明するため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/02 20:35
覇権への足がかりか「債務のわな」
覇権への足がかりか「債務のわな」 覇権への足がかりか「債務のわな」 前ページのように「一帯一路」のプロジェクトはほぼ世界中に広がっています。それをアメリカのシンクタンクが調査すると、債務の額が大きく借金漬けになっているところがあるということです。対外債務がGDP(国内総生産)の8割になった例もあるということです。債務にリスクがある国が8カ国も上がっています。ジブチ、キルギス、ラオス、モルディブ、モンゴル、モンテネグロ、タジキスタン、パキスタンです。経済活動が活発と言える国々ではないですね。借金はしない方がよさそうな国ばかりです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 19:46
「一帯一路」を知るイメージ的解説はどう
「一帯一路」を知るイメージ的解説はどう 「一帯一路」を知るイメージ的解説はどう  中国が世界に呼びかけて勧誘しているプロジェクトが「一帯一路」です。それの基本を分かり易く説明した記事がありました。何かと話題が多くなってきているので、大筋は知っておきましょう。イメージ的な把握で十分でしょう。習近平国家主席がぶち上げたイメージですが、「一帯」は陸路を示し、「一路」は海路を示すということです。行き先はユーラシア大陸の西の端までのようです。現地の経済活動を促進するための計画を中国企業が作り、中国の資金が何割か投入され、主に中国の資材を使って中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/19 01:05
マレーシア新政権は組閣、前首相は足止め
マレーシア新政権は組閣、前首相は足止め マレーシア新政権は組閣、前首相は足止めマレーシアの選挙結果についての社説がありました。アジアにおいて政権が野党や言論者を弾圧する傾向が強くなっている中での野党候補の勝利と捉えて、その意義は大きいということです。すぐ北のタイは現在は軍事政権です。カンボジアも独裁性が強くなっています。マレーシアとしては初めて野党が政権を握ることになり、政権の交代とも言えるのですが、当選したマハティール氏はかつては与党から22年間首相を務めた人です。選挙で投票した国民の期待は消費税の廃止、前首相の資金の不正流用への疑... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/14 21:57
マレーシア選挙この結果なら人民元圧に耐えられるかも
マレーシア選挙この結果なら人民元圧に耐えられるかも マレーシア選挙この結果なら人民元圧に耐えられるかもマレーシアの選挙ではマハティール元首相が勝利し、ナジブ前首相は敗北しました。ナジブ前首相の中国へ一辺倒の政治と1MDBの不正な資金の疑惑が国民に警戒されたものと見られます。1MDBの不正に流用したお金は数十億ドルになるとも噂され、国際的なスキャンダルになっているのですが、中国からのお金でしょう。前ページのように中華帝国を目標にして中国の国営企業がプロジェクトを作ると、返済が不可能な計画もあるでしょうし、日本の雰囲気が残っていると塗りつぶすような意... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/14 10:40
また時代が逆戻り?自慢の歴史が引張るのだ2
また時代が逆戻り?自慢の歴史が引張るのだ2 また時代が逆戻り?自慢の歴史が引張るのだ2習近平国家主席が政治を毛沢東の時代へと逆戻りさせる方向ということなのですが、毛沢東が建国した中華人民共和国に匹敵する偉大な業績はまだない。できれば13億7千万人が納得するものが欲しい、ということになります。石平氏は習近平国家主席が唱える「中華民族の復興」もあげ、国家主席などの任期の廃止、憲法への習近平思想の設定などは国内対策のほんの第一歩であり、皇帝的偉業は国外になるとして、軍事的支配と経済的支配に言及しています。軍事的支配は「南シナ海、東シナ海」、経済... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/13 16:11
また時代が逆戻り?自慢のあの歴史が引張るのだ1
また時代が逆戻り?自慢のあの歴史が引張るのだ1 また時代が逆戻り?自慢の歴史が引張るのだ1 今年3月、中国の政権は国家主席の任期を廃止する憲法改正をしました。これまでは国家主席の任期は2期10年までという制限があったのですが、今後は終身独裁者となっても憲法に違反しないことになりました。その上に「習近平思想」を国の指導理念とする決定をしました。簡単に言うと、習近平国家主席の個人の考えが中国の憲法になるということです。以下の記事は中国の内情に詳しい石平氏は、習近平国家主席の立場は中国の歴史上の「真命天子」と同じになったということです。神話の時代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/12 14:29
ご自慢の中国空母が威嚇行脚で東シナ海へ
ご自慢の中国空母が威嚇行脚で東シナ海へ ご自慢の中国空母が威嚇行脚で東シナ海へ 台湾東方の西太平洋で演習をしていた中国海軍の艦隊は東シナ海へ来たようです。新華社の報道によると4月22日に東シナ海で実弾演習が行われたということです。その概要は空母遼寧からは戦闘機J15が発進し、これを囲む艦船からはミサイルが発射されたようです。中国の艦隊は宮古島と沖縄本島の間の宮古海峡を通って東シナ海へ入ったと思われます。航空自衛隊の基地は沖縄にあって十分レーダーで空を見張っているのですが、270km離れた宮古島にも分屯基地があって飛行するものを24時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 01:34
空母と爆撃機を見せつける得意の威嚇性演習
空母と爆撃機を見せつける得意の威嚇性演習 空母と爆撃機を見せつける得意の威嚇性演習 中国海軍の海上パレードは4月12日海南島周辺の南シナ海で行われたようなのですが、4月18日から台湾の東で空母遼寧を含む合計7隻の艦艇が実弾の演習をしたということです。空母遼寧では中国の戦闘機Jー15が発進の訓練をしたようです。爆撃機も大陸から台湾を回りこむように飛行したと言うことです。当然、台湾への威嚇を含んだ演習でしょう。アメリカが台湾旅行法を成立させ、アメリカの高官が公務で台湾を訪問でき、台湾の高官もアメリカを訪問して公務ができることになりました。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/27 23:31
海上パレード?本音は九段線支配の開始では
海上パレード?本音は九段線支配の開始では 海上パレード?本音は九段線支配の開始ではオーストラリア海軍の艦艇が中国艦船から挑発されたということです。ベトナムのホーチミン市へ向かっていた3隻のフリゲート艦が「丁寧だが、手荒い対応」をされたようです。ベトナムの港に向かっているのが気に入らなかった、オーストラリアで中国人を警戒する法律が成立したのが気に入らない、などが考えられます。ニュースがあまり詳しくないので、12月頃からの経過を確認すると、12月下旬には中国側は南シナ海の人工島の建設は軍事拠点を目的としていたことを居直り型に認め、1月下旬に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/26 19:16
アジアの海にイギリス海軍の艦艇が来そう
アジアの海にイギリス海軍の艦艇が来そう アジアの海にイギリス海軍の艦艇が来そう イギリス海軍の艦船がアジア方面に派遣され巡回するというニュースがありました。まずはいくつかの国の海軍同士の連携を深めるようです。ここでは具体的な目的は記述されていませんが、メイ首相が2017年8月に日本に来たときにアジア方面に航空母艦を含む艦船を巡回させるという話をしました。イギリスとしては、前の政権は巨額の契約を中国と結び、中国との蜜月関係を築きました。現政権はそこまで親中国ではありません。その上EUから離脱することを決定していますので、アジア地域で活... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/24 20:01
中国海軍の艦艇が南シナ海で海上パレード
中国海軍の艦艇が南シナ海で海上パレード 中国海軍の艦艇が南シナ海で海上パレード南シナ海で中国が中国史上最大の海上軍事パレードを行いました。習近平国家主席が出席し、空母「遼寧」を含む48隻の艦艇が参加したということです。戦闘機の「殲15」が76機参加。南シナ海を国土と主張する背景の軍事力を周辺諸国へ見せたものでしょう。兵士は1万人を超えるということです。複数の原子力潜水艦も参加した模様です。プーチン大統領はアメリカに対抗する兵器を選挙中に宣伝し、ロシア国民を納得させて大統領選挙を何なく終わりました。一方の習近平国家主席は選挙はないのです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/23 20:40
一帯一路は取り分け独裁政権が好きみたい
一帯一路は取り分け独裁政権が好きみたい 一帯一路は取り分け独裁政権が好きみたい 以下の記事には中国が唱える一帯一路の本質が鋭く記述されています。記事の筆者は長谷川良氏です。記事の配信日は1ヶ月と少し遡って3月9日です。「アフリカは第2の中国」という表現があります。不正腐敗がアフリカでも中国のように蔓延しているという意味のようです。不正腐敗を広めたのは中国の国有企業という意味も含んでいるようです。中国の国有企業がインフラ整備の事業を計画するとき、現地政府の首脳、その周辺などへ賄賂を使って不正腐敗絡みで進めるのでしょう。「アフリカは第2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 12:10
「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌2
「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌2 「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌2 このニュースは整理できない状態なのです。このブログの能力を超えていることも事実なのですが、ナジブ首相があまりにも中国人民元にべったりで、そのお金の一部はナジブ一族のアメリカでの爆買に使われていると噂されています。中国企業は以前の首相マハティール色を一掃しているようなのですが、マレー民族独自の歩みを消し去っているようなので、一帯一路を唱えるところは覇権を狙っていると思われます。中国企業の発電所の支配は主権侵害の第一歩、鉄道建設は中国のマレーシア主権侵害の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 23:07
「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌1
「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌1 「一帯一路」今度はマレーシア社会が混沌1 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 02:56

続きを見る

トップへ

月別リンク

流れては消える情報を泳ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる