ウイグル族収容の機密書がリーク 新冷戦(32)

ウイグル族収容の機密書がリーク
          新冷戦(32)




ウイグル族の収容所に関する記事がありま
した。報道の配信は少し日にちをさかのぼ
って11月中旬です。香港のデモに対する
北京政府の対応が国際的に注目されるうち
に、ウイグル族の問題も関心が高ます。そ
ういう状況で、この以下のような中国政府
内の機密文書が流れ出したということです。


リークされた先はこともあろうにアメリカ
の天下のニューヨーク・タイムズというこ
とです。氏名は匿名だそうですが、中国政
府にすると裏切り行為になり、政府周辺の
者でも決死の思いでリークしたのではない
でしょうか。収容されているウイグル族は
100万人以上と言われていますが、その収
容所の管理規則が403ページにわたって書
かれているということです。


そして政府内の機密文書をリークした理由
ですが、「ウイグル族の大量拘束の責任回
避を阻止したい」ということです。あれや
これやと言って責任を他の人に擦り付ける
のを阻止したい、ということです。403ペ
ージの文書の中にはウイグル族への弾圧の
詳細、監視や支配の方法や報告も含まれて
いるようです。中国のあの方の「取締りに
情け容赦は無用」との発言も記録されてい
るようです。


ということで、残酷な情報が新疆ウイグル
地区から北京へが日常的に届いているので
はないでしょうか。当事者が責任を回避し
ても、自分に責任が及ばなければ何も問題
ないと思うのですが、今の新疆の事態はそ
ういうレベルではない、長い長い中国の歴
史の中でも見られない、異常なことと判断
したのではないでしょうか。

◇◇◇   ◇◇◇


2つ目の記事は中国側の見解ですが、新疆
ウイグル自治区政府が政府文書のリークに
ついて「でっち上げ」、「悪意のある外国
勢力が先導」との表明をしました。明るい
話ではないので、北京政府は表に出たくな
いようです。国際的に批判が高まっている
ので、行くだけでも大変なアジア大陸の奥
深いところが責任を持っているふりをして
いると見てもいいでしょう。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
スーパーセル・サウスダコタ州2017年8月

貿易戦争11月8・スーパーセル・サウスダコタ州・17年8月14日.PNG



ウイグル人に「情け容赦は無用」、中国政府の内部リークで新事実明らかに 米報道

AFP=時事  11/17(日) 21:07配信

ウイグル人に「情け容赦は無用」、中国政府の内部リークで新事実明らかに 米報道


【AFP=時事】中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の少数民族ウイグル人に対する弾圧の新たな事実が、中国政府関係者が米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)にリークした大量の内部文書によって明らかになった。NYタイムズ(New York Times)が16日付の紙面で報じた文書によれば、習近平(Xi Jinping)国家主席はウイグル人の取り締まりに「情け容赦は無用」とハッパを掛けていた。

【写真】中国・新疆ウイグル自治区アクトにある、再教育施設とされる建物

 文書には、習主席のこれまで非公開だった演説の内容や、ウイグル人監視や支配に関する報告が含まれている。NYタイムズに文書をリークしたのは、中国政界既成勢力の匿名の人物。リークによって、習主席を含めた政権幹部らによる「ウイグル人大量拘束の責任回避」を阻止したかったという。

 人権団体や国外専門家らによるこれまでの指摘によれば、ウイグル自治区には多数の収容施設が各地に設けられ、ウイグル人を中心としたイスラム教徒100万人以上が拘束されている。

 中国共産党は米国など国際社会が批判を強めているウイグル人弾圧をひた隠しにしてきたが、今回、NYタイムズが入手した403ページの内部文書によって、これまで知られてこなかった弾圧の実態があらわになった。 

 文書によれば、習主席は2014年にウイグル自治区の鉄道駅で31人が死亡したウイグル人による無差別攻撃事件の後、当局者を対象にした演説で、「独裁の仕組み」を活用して「テロリズム、侵入、分離独立」に対する「情け容赦は無用」の全面闘争を指示している。

 2016年に陳全国(Chen Quanguo)氏がウイグル自治区の新たな党書記長に就任すると、収容施設の数が急速に拡大。陳氏はウイグル人弾圧を正当化するため、2014年の習主席の演説内容を自治区当局者らに配布し、「拘束すべき者たちを一網打尽にせよ」と促していた。

 また、文書によれば、中国政府は自治区に帰省したウイグル人学生らが家族が行方不明、または施設に収容されたなどと知った場合の問い合わせに対する想定問答集も作成。当局者らはこうした学生に対して、家族は「過激思想ウイルス」に感染したため、軽い病が深刻化しないうちに治療が必要だと説明するよう指導されていた。

 さらに、党内にはウイグル人弾圧を不服とする者もいることが、文書からうかがえる。

 ウイグル自治区莎車県の責任者だった王勇智(Wang Yongzhi)氏は、収容施設に拘束されていたウイグル人計7000人以上を自らの判断で釈放したが、党の指示に背いたとして2017年から18年に取り調べを受け、処罰対象となった。流出文書によると王氏は、大量拘束によって対立が激化してウイグル人の憎悪が深まることを恐れたと当局に供述している。【翻訳編集】 AFPBB News


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

中国新疆政府、ウイグル族拘束の報道は「フェイクニュース」と一蹴

ロイター 11/19(火) 15:50配信




[北京 19日 ロイター] - 中国の新疆ウイグル自治区政府は18日、国営メディアで、米ニューヨーク・タイムズ紙が400ページにわたる内部文書を含めて報じたウイグル族イスラム教徒の拘束報道は「でっち上げ」であり、「悪意ある外国勢力」が先導したものとの声明を発表した。

国連の専門家や人権団体は、ウイグル族などを含め100万人以上が施設に収容されていると推定。国際社会から批判が噴出している。

同紙は中国の習近平国家主席が2014年に新疆当局者らに行った一連の発言や指示文書として、家族が拘束された学生との接し方などを報じている。

新疆政府は声明で、報道は「フェイクニュース」で「完全な共謀であり、国内外の悪意ある勢力がでっち上げたもの」と一蹴した。ただ、どの部分がでっち上げか詳細は明らかにしなかった。


中国新疆政府、ウイグル族拘束の報道は「フェイクニュース」と一蹴

11月19日(火) 15時50分 中国・台湾(ロイター)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



終りまでお読み頂き、ありがとうございました

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(下を「いいね」のようにお願いします。いつも感謝しています)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Sponsored Link