アクセスカウンタ

<<  2018年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
覇権への足がかりか「債務のわな」
覇権への足がかりか「債務のわな」 覇権への足がかりか「債務のわな」 前ページのように「一帯一路」のプロジェクトはほぼ世界中に広がっています。それをアメリカのシンクタンクが調査すると、債務の額が大きく借金漬けになっているところがあるということです。対外債務がGDP(国内総生産)の8割になった例もあるということです。債務にリスクがある国が8カ国も上がっています。ジブチ、キルギス、ラオス、モルディブ、モンゴル、モンテネグロ、タジキスタン、パキスタンです。経済活動が活発と言える国々ではないですね。借金はしない方がよさそうな国ばかりです... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 19:46
「一帯一路」を知るイメージ的解説はどう
「一帯一路」を知るイメージ的解説はどう 「一帯一路」を知るイメージ的解説はどう  中国が世界に呼びかけて勧誘しているプロジェクトが「一帯一路」です。それの基本を分かり易く説明した記事がありました。何かと話題が多くなってきているので、大筋は知っておきましょう。イメージ的な把握で十分でしょう。習近平国家主席がぶち上げたイメージですが、「一帯」は陸路を示し、「一路」は海路を示すということです。行き先はユーラシア大陸の西の端までのようです。現地の経済活動を促進するための計画を中国企業が作り、中国の資金が何割か投入され、主に中国の資材を使って中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/19 01:05
マレーシア新政権は組閣、前首相は足止め
マレーシア新政権は組閣、前首相は足止め マレーシア新政権は組閣、前首相は足止めマレーシアの選挙結果についての社説がありました。アジアにおいて政権が野党や言論者を弾圧する傾向が強くなっている中での野党候補の勝利と捉えて、その意義は大きいということです。すぐ北のタイは現在は軍事政権です。カンボジアも独裁性が強くなっています。マレーシアとしては初めて野党が政権を握ることになり、政権の交代とも言えるのですが、当選したマハティール氏はかつては与党から22年間首相を務めた人です。選挙で投票した国民の期待は消費税の廃止、前首相の資金の不正流用への疑... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/14 21:57
マレーシア選挙この結果なら人民元圧に耐えられるかも
マレーシア選挙この結果なら人民元圧に耐えられるかも マレーシア選挙この結果なら人民元圧に耐えられるかもマレーシアの選挙ではマハティール元首相が勝利し、ナジブ前首相は敗北しました。ナジブ前首相の中国へ一辺倒の政治と1MDBの不正な資金の疑惑が国民に警戒されたものと見られます。1MDBの不正に流用したお金は数十億ドルになるとも噂され、国際的なスキャンダルになっているのですが、中国からのお金でしょう。前ページのように中華帝国を目標にして中国の国営企業がプロジェクトを作ると、返済が不可能な計画もあるでしょうし、日本の雰囲気が残っていると塗りつぶすような意... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/14 10:40
また時代が逆戻り?自慢の歴史が引張るのだ2
また時代が逆戻り?自慢の歴史が引張るのだ2 また時代が逆戻り?自慢の歴史が引張るのだ2習近平国家主席が政治を毛沢東の時代へと逆戻りさせる方向ということなのですが、毛沢東が建国した中華人民共和国に匹敵する偉大な業績はまだない。できれば13億7千万人が納得するものが欲しい、ということになります。石平氏は習近平国家主席が唱える「中華民族の復興」もあげ、国家主席などの任期の廃止、憲法への習近平思想の設定などは国内対策のほんの第一歩であり、皇帝的偉業は国外になるとして、軍事的支配と経済的支配に言及しています。軍事的支配は「南シナ海、東シナ海」、経済... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/13 16:11
また時代が逆戻り?自慢のあの歴史が引張るのだ1
また時代が逆戻り?自慢のあの歴史が引張るのだ1 また時代が逆戻り?自慢の歴史が引張るのだ1 今年3月、中国の政権は国家主席の任期を廃止する憲法改正をしました。これまでは国家主席の任期は2期10年までという制限があったのですが、今後は終身独裁者となっても憲法に違反しないことになりました。その上に「習近平思想」を国の指導理念とする決定をしました。簡単に言うと、習近平国家主席の個人の考えが中国の憲法になるということです。以下の記事は中国の内情に詳しい石平氏は、習近平国家主席の立場は中国の歴史上の「真命天子」と同じになったということです。神話の時代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/12 14:29
ご自慢の中国空母が威嚇行脚で東シナ海へ
ご自慢の中国空母が威嚇行脚で東シナ海へ ご自慢の中国空母が威嚇行脚で東シナ海へ 台湾東方の西太平洋で演習をしていた中国海軍の艦隊は東シナ海へ来たようです。新華社の報道によると4月22日に東シナ海で実弾演習が行われたということです。その概要は空母遼寧からは戦闘機J15が発進し、これを囲む艦船からはミサイルが発射されたようです。中国の艦隊は宮古島と沖縄本島の間の宮古海峡を通って東シナ海へ入ったと思われます。航空自衛隊の基地は沖縄にあって十分レーダーで空を見張っているのですが、270km離れた宮古島にも分屯基地があって飛行するものを24時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 01:34

<<  2018年5月のブログ記事  >> 

トップへ

流れては消える情報を泳ぐ 2018年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる