流れては消える情報を泳ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 迫りくる「一帯一路」にインドはこれで対抗

<<   作成日時 : 2018/03/19 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

迫りくる「一帯一路」にインドはこれで対抗






今回の2つの記事はインドが式典にアセアン諸
国の首脳を招待するということです。インドは
1月26日を共和国記念日として、陸軍のパレー
ドなどを盛大に実施して祝います。そこへアセ
アン10カ国の首脳をまとめて招待するというこ
となのですが、今までにそういうことはなく今
回が初めてのことだそうです。どのメディアも
中国をけん制する目的と言っています。


インドのモディ首相は11月にマニラで開催され
たアセアン首脳会議に出席しました。インドの
の中国けん制の始まりと見ることもできます。


この時から「インド太平洋地域」という言葉が
首脳達の間で流行り始めました。「アジア太平
洋地域」よりも広い地域を指す言葉です。この
言葉を作り、または流行らせたのは日本のよう
に思われます。


インドのモディ政権は日米豪と「自由で開かれ
たインド太平洋戦略」を進めており、ASEA
N諸国と協力関係を強めて、海洋進出を進める
中国をけん制する目的です。1月25日にうま
く10カ国の首脳が集まり、モディ首相と首脳
会談が開かれました。


「アジアの安定には法に基づく海洋秩序が重要
だ」とのモディ首相の見解から、海洋の安全と
航行の自由など海洋分野で協力していく「デリ
ー宣言」がまとめられました。




インドとしては今までよりきめ細かい外交が必
要になったと思われます。中国のパキスタンや
バングラデシュへの進出、インド洋を航行する
中国海軍の艦船を見ると、すでに中国に包囲さ
れているようにも見えます。


このブログからすると、「一帯一路」を右から
読むと「覇権支配」となるのですが、漢字が読
めない国が多いので、あまり言わないほうがい
いのでしょう。 
.
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

インド ASEAN首脳を初めて招待

f:id:okentac:20180316041238p:plain


インド、ASEAN首脳を初めて招待=記念日式典で中国けん制

時事通信 1/13(土) 14:49配信

 【ニューデリー時事】インドの共和制移行を記念し、26日にニューデリーで開かれる式典に、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国の首脳が初めて主賓として参加する。

 インドはこれまで、式典に安倍晋三首相やオバマ前米大統領らを招き、親密さをアピールしてきた。今回は10首脳を招待することで、周辺地域への進出を強める中国をけん制したい考えだ。

 インドは例年、1950年に憲法が公布された26日を共和国記念日として祝い、陸軍のパレードなどを盛大に実施する。主賓としての招待は、外国首脳への敬意の表れだ。2014年には安倍首相、15年にはオバマ前大統領が出席。ただ、10人もの首脳が招かれるのは異例だ。

インド、ASEAN首脳を初めて招待=記念日式典で中国けん制


時事通信 1/13(土) 14:49

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

インドがASEAN10カ国集め首脳会議、連携探る 中国覇権に対抗

産経新聞 1/27(土) 7:55配信

 【ニューデリー=森浩】インドと東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国首脳との首脳会議が25日夜、ニューデリーで開催された。会議では海洋分野での連携強化で一致。モディ政権は日米豪と「自由で開かれたインド太平洋戦略」を進めており、ASEAN諸国との協力関係を深化させることで、海洋進出を強める中国を強く牽制(けんせい)する狙いがある。

 首脳会議はインド憲法の制定を記念する26日の「共和国記念日」を前に開催され、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相や、フィリピンのドゥテルテ大統領ら10カ国の首脳が出席した。

 共和国記念日には伝統的に海外の要人が招待されるが、10カ国首脳が一度に集まるのは異例。「アクト・イースト」(東方に動く)を掲げるモディ政権の東南アジア重視の姿勢が透けてみえる。

 会議冒頭にモディ首相は「インドはASEANとビジョンを共有している。ASEAN諸国と海洋分野における協力を一層推進する」とした上で、「アジアの安定には法に基づく海洋秩序が重要だ」とも話し、名指しは避けつつも中国を念頭に置いて批判した。

 会議後に発表された「デリー宣言」では、各国が海洋の安全と航行の自由など海洋分野で協力していくことや、貿易・経済関係をより密接にすることなどが盛り込まれた。

 中国は南シナ海の軍事拠点化を進めるほか、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に基づく資本投下で東南アジアでの影響力を増大させている。インド洋でもパキスタン南西部グワダルやスリランカ南部ハンバントタで港湾開発を進めており、インドとASEAN諸国の協力強化は「安全保障上の観点から双方の地域の未来を見据えた重要な一手」(インド紙記者)といえそうだ。

 ただ、カンボジアなど中国と関係が深い国もあり、インドとASEAN間で全面的な協力態勢がすんなり構築できるかは未知数だ。今回の首脳会議ではインドからタイに至る高速道路構想などの協議にも時間が割かれており、モディ政権としては経済面での連携もより深めたい考えだ。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

よかったら覗いてみて



終りまでお読み頂き、ありがとうございました
◇◇◇◇◇◇◇◇

(下を「いいね」のようにお願いします。いつも感謝しています
★WordPressの運用に特化した
  レンタルサーバー
 【wpXレンタルサーバー】

ショップ名:エックスサーバー株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
迫りくる「一帯一路」にインドはこれで対抗 流れては消える情報を泳ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる