流れては消える情報を泳ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国の軍事活動をアメリカが報告1

<<   作成日時 : 2017/06/16 01:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国の軍事活動をアメリカが報告





アメリカの国防総省が中国の今後の軍事的な
動きを年次報告書で発表しました。南シナ海
では埋め立てた人工島の飛行場を活用して実
効支配を強化するだろうと予想しています。
空母や潜水艦の建造を推進するだろうという
ことです。


中国軍はジブチに軍事基地を建設中ですが、
次に海外の基地を作るとしたら、パキスタン
だろうと予想しています。中国と最も親密な
国パキスタンは中国の潜水艦を8隻購入した
と言われています。


南沙諸島の人工島の衛星画像がありました。
以下へ掲載します。
出展元はBUSINESS INSIDER JAPAN です。

BUSINESS INSIDER JAPAN

スビ礁 

f:id:okentac:20170610023645p:plain


ファイアー・クロス礁

f:id:okentac:20170610023741p:plain


ミスチーフ礁

f:id:okentac:20170610023825p:plain

画像内の四角の枠内についてはさらに拡大の画
像が出展元にあります。軍事的な設備を解析し
ています。




◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

米国防総省が中国軍事情勢の年次報告書 国産空母は2020年に戦列に 南シナ海の実効支配強化

産経新聞 6/7(水) 13:21配信

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省は6日、中国の軍事情勢に関する年次報告書を発表した。報告書は、中国が建造している初の国産空母について、2020年までに初期的な作戦能力を確保すると予測した。潜水艦も同年までに現在の63隻から69〜78隻に増強される見通しであるとし、中国が従来の「近海防御」に加えて「遠海防衛」も行う「混合戦略」の実現に向けて海軍力を近代化させていると指摘した。

 東・南シナ海情勢に関しては、中国が増強された軍事力を活用して係争地や海域の領有権を主張しているとした。

 特に南シナ海では昨年、スプラトリー(中国名・南沙)諸島にあるファイアリークロス(永暑)礁、スービ(渚碧)礁、ミスチーフ(美済)礁の人工島に造成された飛行場に民間機が初めて着陸したほか、ファイアリークロス礁にはけが人の搬送のため軍の輸送機も着陸したと指摘した。

 また、パラセル(西沙)諸島のウッディー(永興)島でも昨年、中国がCSA9地対空ミサイルの配備を始めたことが確認された。報告書は「中国はこれらの軍民両用施設を使って南シナ海の実効支配を強化していくことになる」との見通しを明らかにした。

 報告書はさらに、中国が昨年2月、アフリカ東部のジブチに初の海外軍事基地の建設を開始し、今年末までに完成予定であるほか、パキスタンなどの友好国にも次々と基地を建設する可能性が高いとした。

 報告書はまた、昨年の中国の実質的な軍事支出は、公式発表の約1400億ドル(15兆2600億円)を大幅に上回る1800億ドルであると分析した。報告書は、公式発表には研究開発費や外国からの兵器調達費が含まれておらず、実態よりも低いとしている。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




終りまでお読み頂き、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

★【たびらいツアー予約】

ショップ名:株式会社パム

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国の軍事活動をアメリカが報告1 流れては消える情報を泳ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる