流れては消える情報を泳ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS フィリピンで危なそうな雲が発生

<<   作成日時 : 2017/06/02 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フィリピンで危なそうな雲が発生





フィリピンが穏やかでない感じです。フィリ
ピンの動き2件を掲載します。IS戦闘員がイン
ドネシアやマレーシアなど南からミンダナオ島
へ入りマラウィという町で銃撃戦が起きました。
フィリピン政府軍との銃撃戦はまだ続いており、
確認できた死者数は100人を超えたようです。



マラウィはミンダナオ島の中心地ダバオの北西
約160kmの位置にあります。マラウィの人口は
約13万人、9割がイスラム教徒ということです。
5月23日ロシアから日程を切り上げて帰国した
ドゥテルテ大統領はミンダナオ島へ戒厳令を発
して対応しました。戒厳令はフィリピン全土へ
拡大するかもしれません。


ドゥテルテ大統領は6月に予定していた訪日を
中止するということです。



2番目の記事はドゥテルテ大統領が北京で南シ
ナ海の資源を開発すると言ったら、中国政府は
戦争になるだろうと答えたということです。


配信日は5月20日のものですが、「友人」と
「戦争」の語を巧みに使ってドゥテルテ大統領
の発言を退けたようです。中国に友人と呼ばれ
ると、自由や権利が制限され危険が増えるよう
な感じもします。


中国側の発言は南シナ海の資源は全部中国のも
のだという意味になるようですが、ここまで直
接的にというか露骨に表現されたら、議論が止
まってしまいそうです。


仲裁裁判所の判決は省略しない方がいいようで
す。これは国際的な基準なので、戦争という2
国間の脅かしを防ぐ効果がありそうです。 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

比の対IS戒厳令1週間 軍と交戦、死者100人に

産経新聞 5/30(火) 7:55配信

 【シンガポール=吉村英輝】フィリピン南部ミンダナオ島のマラウイで、政府軍とイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う武装勢力との交戦を受け、戒厳令が発動されてから30日で1週間となる。過激派に射殺されたとみられる市民の遺体も見つかるなど、29日までの過激派を含む死者は全体で計100人となった。避難中のトラックが過激派に停車させられ、イスラム教の聖典コーランを唱えられなかった市民が引きずり出された、との報道もある。遺体の多くには銃創があった。

 過激派が一部を占拠する市内からは4万2千人以上が脱出したが、市内にはまだ約2千人が取り残されているもよう。また、キリスト教会関係者ら数人が過激派に拉致されたという。

 ドゥテルテ大統領は27日、政府と和平協定を結んだイスラム最大勢力、モロ民族解放戦線(MNLF)の元兵士らも国軍に迎え入れ、戒厳令による強権発動とともに、過激派を壊滅する姿勢を強調した。

 一方、国軍は26日、身元を確認した過激派構成員の死者約12人の半数が外国人だったと発表した。マレーシアやインドネシア、シンガポールから合流した「IS戦闘員」とみられる。マレーシアからは先週、28人以上の過激派がマラウイ入りしたとも伝えられる。

 これら東南アジアのIS支持者らは、ISが劣勢に追い込まれている中東シリアなどに向かうことを断念し、IS本体から東南アジアの「支部」認定獲得を目指す過激派「マウテ」に合流したとみられる。マウテは、フィリピン南部で外国人誘拐事件を繰り返す別の過激派「アブサヤフ」と連携し影響力を強めている。

 ドゥテルテ氏は、6月上旬に予定していた訪日を中止することを決定した。

比の対IS戒厳令1週間 軍と交戦、死者100人に

産経新聞 5/30(火) 7:55

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

比大統領、 南シナ海問題で「中国から戦争になると警告された」

AFP=時事 5/20(土) 15:31配信


  •  

【AFP=時事】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は19日、南シナ海(South China Sea)の領有権争いをめぐり、中国政府の首脳陣から戦争する準備はできていると警告されたと明かした。

フィリピン大統領、中国のミサイル駆逐艦視察 合同軍事演習も示唆

 今週、中国の北京(Beijing)で習近平(Xi Jinping)国家主席や李克強(Li Keqiang)首相と会談したドゥテルテ大統領は、警告されたことを公にするのは、中国に対して弱腰だとフィリピン国内で批判されているからだと述べた。

 ドゥテルテ大統領は、これまでは伝えられなかった南シナ海での天然資源開発の計画を明かしながら、会談の内容について「彼らに面と向かって言った。そこ(南シナ海)はわが国のもので、われわれはそこで石油採掘を行うつもりだ」と表明したと述べた。

 これに対し習国家主席と李首相はドゥテルテ大統領に「私たちは友人だ。あなたと争いたくはない。今の温かい関係を維持したい。しかし、あなたが対決を迫るというのなら、われわれは戦争に突入するだろう」と述べたという。

 ドゥテルテ大統領は、中国が掲げる「一帯一路(One Belt One Road)」構想に関する国際会議に出席するために北京を訪れていた。16日にフィリピンに帰国した際、南シナ海の天然資源を中国やベトナムと共同開発することには前向きだと発言した一方、領有権を争う他の国々については言及しなかった。【翻訳編集】 AFPBB News

比大統領、 南シナ海問題で「中国から戦争になると警告された」

AFP=時事 5/20(土) 15:31

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

よかったら覗いてみてください
f:id:okentac:20160527101728p:plain


終りまでお読み頂き、ありがとうございました
(以下をいいねと、お願いします。いつも感謝しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

みんなのブログポータル
   [JUGEM PLUS]


ショップ名: GMOペパポ株式会社

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フィリピンで危なそうな雲が発生 流れては消える情報を泳ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる